恐竜を軽く好きな主婦がARKという恐竜ゲーにドはまりした

趣味
  1. ホーム
  2. 趣味
  3. 恐竜を軽く好きな主婦がARKという恐竜ゲーにドはまりした




 これはEpicGamesが期間限定でARK無料配布した際に飛びついてドはまりしてしまい、自鯖を建てたいからとSteamでARKを買いなおすレベルまでいった主婦の感想文である。

ARK玄人さんには全く参考にならないし、ARKをやったことが無い人には意味が分からない内容です。暇つぶしにご覧ください。

ARKとは賽の河原である

賽の河原とはあの世で子どもたちが川沿いの石を積み上げては鬼がそれを壊すというものです。積み上げたものが無情にも破壊されてまた1から繰り返す・・・

ARKというゲームをやり始めた時は「賽の河原だ・・・」という感想しか出ませんでした。

突然はじまるサバイバル

昨今のゲームによくあるチュートリアルやらUIの説明やらは一切無しでいきなりサバイバル空間に放り出されます。プレイヤーは一定時間ごとに食糧や水分を補給しなければ体力が無くなってゲームオーバーとなり、リスポーン(再出発)します。

食糧はその辺に生えてる草の近くでEキーを押せば木の実が採れるのでそれを食べます。水分は水に浸かるか水辺でEキーで飲水できます。 マインクラフトをしたことがある人なら木を拳でごつごつすると木材が採れるのでは?という発想になると思います。もちろんARKでも木をごつごつすると木材が採れますが、プレイヤーが痛そうな声を上げてダメージを受けます。

Vキーを押すと採ったものでつるはしやオノを作成することができるので素手で採取は最低限にして早めにツールを作ると良いです。

可愛らしいミニ恐竜たちの罠

サバイバル中にドードー鳥ぐらいの小さい恐竜が近づいてきてこちらを見上げてくるかもしれません。
見てくるだけなので初見の私はてっきり安全で可愛い自然に懐く恐竜かと勘違いしました。

「コンプソグナトゥス」彼らは1匹だけだと攻撃してこないが複数集まるといきなり攻撃してくる恐竜である。可愛いなぁと見ていたら複数匹やってきて襲われてゲームオーバーになって唖然としました。

しかも本当に仲間にするためには「霜降り肉」という初心者には手の届かないレア素材が必要という二重の罠。

近くにいる仲間の恐竜も反撃してくる

割とそこらへんにいるトリケラトプスは草食恐竜なのでこちらから何もしなければ襲ってきません。しかし何かの拍子で攻撃を当ててしまったら近くにいるトリケラトプスも反撃してくるので注意しましょう。 近くにいる同じ種類の恐竜が反撃してくるのはどの恐竜も同じですので捕獲したい時や退治したい時は周囲を確認すると良いです。

ある程度距離が離れれば追ってこなくなるので走って逃げるか仲間の恐竜に乗って逃げましょう。(あるいは殲滅・・・)

賽の河原の鬼スピノサウルス

アイランドマップ初心者のトラウマを植え付けてきた鬼「スピノサウルス」

突如海から現れ、そこらじゅうの魚や恐竜を食べつくす水陸両用の大型恐竜。あの大きな背びれが水面に浮かんでいるのを見つけて戦慄が走ったプレイヤーは多いのではないでしょうか。

スピノサウルス「ワシへの生贄は用意しとるんやろなぐへへ」

私がいつも遊んでいるARK鯖はレンタルサーバーの非公式なので私が遊んでいる時以外もゲームの時間は進んでいるのでやっと仲間にしたトリケラトプスやドードーたちが一晩のうちにスピノサウルスにやられてしまうという事件が3度起きました。

自分で囲いを作ったりしていましたが心が折れてしまい、同じ鯖の同じトライブ(チームやクラブみたいなもの)のメンバーが集めてた恐竜たちの群れに入れてもらうようにしました。

強い恐竜たちをまとめていれば敵対する恐竜が襲ってきても皆で反撃できるので囲いをするより安全です。初心者のうちはもし頼れるトライブメンバーの拠点があるならそこにお邪魔してある程度仲間が増えてきたら独立するほうが確実です。

そんな恐ろしい鬼ではありますが、囲い罠を作り誘導すれば確実に昏睡テイム可能なので現在では拠点に仲間にしたスピノサウルスが4頭います。敵だと恐ろしい存在ですが見方になるととても頼もしい存在です。魚肉を沢山採りたいときはスピノサウルスで暴れます。

みんなだいすきアルゲンタヴィス

いろんな恐竜を仲間にしていく上で仲間にすると便利で強いと評判のアルゲンタヴィスという大きな鳥さんがいます。昔に実在したといわれる大きなワシのような鳥で大きな脚で恐竜を掴んで運ぶことが出来るのでARK玄人は新しいマップに来たらまずアルゲンタヴィス捕獲を目標にします。
捕獲は中々大変で時間もかかりますがそれ以上の働きをしてくれるのである程度ゲームを進めたらアルゲンタヴィス捕獲にチャレンジしてみましょう。

現在の私の拠点ではこのアルゲンタヴィスを10羽ぐらい警備役として置いています。大体の野生恐竜ならすぐに倒してくれるので安心です。

やっぱり恐竜の王様ティラノサウルス

もちろんARKにはティラノサウルスがいます。上記のアルゲンタヴィスに乗って、ティラノサウルスを囲いに誘い込み昏睡テイムで仲間にできます。 当然ながら攻撃力は高く咆哮もできます。咆哮をすると飛んでる小さい恐竜などは目を回すこともあります。 しかし、大型ゆえに動きが遅めで小回りが利きにくいのですばしっこい小型肉食恐竜は対応しにくいというデメリットがあります。

ダークホース アルファ種

ARKのアイランドにはアルファ種という通常よりも段違いに強い恐竜が出てくることがあります。オレンジ色のモヤモヤオーラを纏っているので遠目でもすぐにわかりますが、かなりの体力と攻撃力があるため安易に手をだすと痛い目に遭います・・・(レベル200以上とレベル100以上のティラノサウルスとアルゲンタヴィス数匹をアルファティラノサウルスにやられてしまいました。半泣きで拠点リスポーンしてポンプ式ショットガンを持ち何発か撃ったら倒せましたが・・・)

アルファユタラプトルは小型なので頑張ればアルゲンタヴィス1羽だけでも倒すことが出来ますが、できれば遠距離攻撃で体力を削ってからをおススメします。 このアルファ種を倒すと大量の霜降り肉が採れるので肉食恐竜をテイムする時に倒せるとお得です。 しかし、油断していると痛い目に遭いますので注意してください。

初心者脱却? 女王蜂テイム

ある程度ゲームをやっていくと次第に「はちみつ」が欲しくなってきます。はちみつはハチの巣から採れるのですが、ハチの巣はアイランドだとだいたい崖にあって採るには足場を組まないといけません。しかもとれるのは3~5個程度ではちみつはすぐに腐敗してしまいます。※釣り竿を作り、釣り餌としてはちみつをセットすれば腐敗しなくなりますがはちみつ1個につき釣り竿1本必要でアイテム枠も圧迫します。

そこで女王蜂をテイムしようとするのですが、女王蜂のいる巣を攻撃すると次々と働き蜂が湧いて攻撃してきます。攻撃事態は痛くないのですが動きが鈍足になるデバフに複数から何度も攻撃されるためアルゲンタヴィス1匹だと簡単にやられてしまいます。 蜂にはクマをということでショートフェイスベアというクマを仲間にしました。 予想通り蜂軍団の攻撃をもろともせず範囲攻撃で倒してくれます。クマさんを少し離れた所に待機させて自分はギリー装備一式と防虫剤を纏ってかがみながら女王蜂にじりじりと近寄ります。(できれば巣を囲って女王蜂が動き回らないようにすれば見失わずに済むかもしれませんが私は出来なかった) 女王蜂は一定間隔で蜂を出しながらゆっくり飛び回るのでかがんでいないと攻撃されます。 召喚された蜂は一定時間経過で自然消滅?しますが狙われたり沢山出た時は近くに待機させたクマを襲いに行くのでクマさんに退治してもらいましょう。 レアフラワーを女王蜂に渡すと仲間になるのですが、戦闘音楽?(恐竜に見つかった時BGMが流れる)が消えたタイミングでないと渡せませんでした。 戦闘音楽が止んで女王蜂にかがんだまま近づくと渡せるようになるので渡します。 仲間になったらハチの巣という設置物に変えられるので変えます。 あとは拠点の好きな場所に設置して中にレアフラワーを入れればOK。 ある程度放置していれば大量のはちみつを一度に入手できます。

テイムに便利なもんs クライオポッドを作ろう

拠点から遠い場所で恐竜を仲間にすると拠点までの道のりの途中でやられてしまうことがあります。そんな時クライオポッドというアイテムがあれば某モンスターゲームのようにボールに恐竜が入って持ち運べていつでも外に出すことができます。 中級レベルになってきたら1つは作っておくと便利ですよ。 冷蔵庫に保管すれば2カ月ぐらい持ちます。また、低温冷蔵庫なら永久保存が可能です。

ただし中にいる恐竜は長期間出されないと消滅してしまいます。

 [temp id=2]

世界(サーバー契約)が終わるその日まで

私が現在主に遊んでいるのは知り合いが借りているレンタルサーバーのアイランドMAPになります。そのため、レンタルサーバーを借りている方の気分が変わって契約を続けることを行わなかったらその世界は終了となり、集めてきた沢山の恐竜たちともお別れです。(自分で鯖建てて移すことも考えましたが上手くいきませんでした) レンタルサーバーを借りるのはお金がかかることなので借りている方を責めることはできません。便乗して楽しませてもらっている立場ですので、いつ終わってしまうかはわかりませんが仲良くなった恐竜たちのお世話はちゃんとしようと思っています。

恐竜たちにも飢えの概念があるため木の実やお肉といったそれぞれのご飯がたべられないと倒れてしまい消えてしまいます。

ただ、レンタルサーバーの世界が終わってしまったとしても、私個人で1からまたARKを始めるとおもいます。